利益を所得として報告することなく自社の海外住宅を無償で利用したと疑われる日産のカルロス・ゴーン氏

利益を所得として報告することなく自社の海外住宅を無償で利用したと疑われる日産のカルロス・ゴーン氏

日産自動車 事情に詳しい筋によると、カーロス・ゴーン会長は、自動車メーカーが所有する複数の住宅を利用した疑いがある。 オランダや他の3カ国の資産を無償で使用したことで、この新しい詳細は、64歳の自動車産業界で活躍してきた64歳の人物が、その恩恵から劇的に落ち込んだ翌日に明らかになった。

東京検察官は、日産が負担した費用は、会社から受け取った報酬の一部として、証券報告書に報告されるべきであったと考えている。 日産は24日、ゴーン社が「会社資産の個人的使用」など「重大な不正行為」を発見したと発表した。

ルノー、三菱自動車のゴーン会長は、金融商品取引法違反の疑いで、2011年から5年間で総額約50億¥の過小申告を行ったことで、同月曜日に逮捕された。 検察官は、5年間でゴーンが実際に受け取った給与は100億¥に近いと考えていますが、日産の有価証券報告書によれば、その給与は約49億8,000万¥に達しています。

事情筋によると、検察側と日産幹部は司法取引で合意した。司法取引では、被疑者や被告が捜査に協力すれば、起訴しないか、より軽い罪を追及するか、より軽い刑罰を求めるかを当局が決めることができる。 本年6月に施行された刑事訴訟法の改正により、2回目となる制度とされています。

7月、検察官は三菱日立パワーシステムズ(株)を起訴しないことを選択した。 地元の発電所プロジェクトに関連して、タイの公務員の一人が賄賂を供与した事件で、同社と司法取引を結んだ後 日産は14日、ゴーン氏を解任する意向を明らかにした。 ゴーン氏は、日本で最も報酬の高い幹部で、会長と共謀したとされるグレッグ・ケリー代表取締役だった。 同氏は、木曜日に開催される取締役会で退任する意向だ。

日産は、ゴーン氏の不正行為とケリー氏の「深い関与」が、内部調査で明らかになったと述べた。

あるアナリストは、2人の幹部が劇的に逮捕されたことは、事前に十分に準備されていたようだと述べた。 アナリストによると、「クーデターは、ゴーンとケリーの指導力に反対する内部関係者によって組織されたクーデターのようだ」という。 同社幹部によると、1988年に北米部門に参入した元弁護士のケリー氏は、ゴーン氏の信任として自動車メーカー内で大きな影響力を持っていたという。

日産の西川博人CEOは、月曜日の記者会見で、ケリー氏は「ゴーン氏の近い側近として、継続的に行動し、会長の権限に裏打ちされた「会社を支配」した、と述べた。 Kelly, 62は、2008年に執行役員に就任し、その後、同社の代表取締役3名のうちの1名に就任した。

東京の検察当局は、ゴーンとケリーが自らの主張を認めたかどうかを明らかにしていない。

金融法に違反した場合、10年以下の懲役、1,000万¥以下の罰金、またはその両方が科される可能性があります。 この法律により、企業は最高7億¥の罰金を科される可能性がある。 2010年には、報酬額が1億¥を超えた場合、上場企業に対して、取締役の報酬額の開示を義務付けるようになった。

ゴーンはルノーとの資本提携により、1990年代後半に倒産の危機に陥った日産を再生させたことで高く評価されています。 1999年に日産の最高執行責任者(COO)に就任し、翌年社長に就任した。 東京地方検察庁の特別捜査班は、捜査の一環として、横浜にある日産本社を襲撃しました。

日産自動車カテゴリの最新記事