オマーン経由で日産の資金を自分に振り向けたとされるカルロス・ゴーン氏

NO IMAGE

旧日産自動車 事情に詳しい筋によると、カルロス・ゴーン会長は、オマーンが受け取った資金について何の発言もしていないオマーンの販売代理店に支払った金銭を自らに振り向けたと疑われている。 Ghosnは、保釈解除後1カ月以内に、販売会社に支払った資金の悪用に関連して、新たに加重された信頼違反の申し立てで再度逮捕された。 彼はすべての主張を否定した。 ゴーンは木曜日に逮捕される数時間前に、財務上の不正行為の疑いがないことを証明すると誓ったが、フランスのテレビとのインタビューで、日本で公正な裁判を受けることに疑問を投げかけた。

日産とルノーの追放された上司はインタビューで、裁判が公平になることを知っていれば、心配することはないだろうと述べた。 しかし、TF1とLCIは次のように語った。「私は、この裁判がどのように行われるかについて疑問を抱いている。これらの疑問は私の疑問ではなく、私の弁護士の疑問である」。

東京地方裁判所は、4月14日まで10日間の勾留を認めた。ゴーン氏の弁護士である広中純一郎氏は、同日控訴するとの批判を受けた。 「裁判所は、証拠の改ざんについては懸念がないと判断したため、これを先に承認した。 しかし、もう一度、彼の拘禁は許された。 「不合理なことだよ」と彼は言った。

同筋によると、オマーンは2012年から総額35億ドル(3100万ドル)の¥を受け取った。

情報筋によると、オマーンの会計担当役員の個人口座から大金が移転された。グッド・フェイス・インベストメンツは、この幹部が率いるが、実質的にはゴーンが所有しているレバノンの投資会社である。 事情筋によると、ゴーンに近い幹部は、日産からオマーンの代理店に送金された資金の使い方を決める権限はないと同氏に近い関係者に伝えたという。

ゴーン氏が逮捕されたのは、65歳のツイッター氏が4月11日に記者会見を開き、「何が起きているのか、真実を伝える」と意外に発表した翌日だった。

その一部は、グッド・フェイス・インベストメンツから、ゴーンの妻が代表する企業に振り向けられたものとみられ、かつてゴーンの一族が使用するために16億¥相当の高級ヨットを購入していたという。

ゴーン氏は現在、アラブ首長国連邦の子会社である日産中東FZ.E.に、2015年12月から2018年7月までにオマーンの販売代理店に1,500万ドルを支払わせ、その金額の3分の1をゴーンの貯蓄口座に振り込んだことで、500万ドル(¥5億6,000万ドル)の赤字を計上したと主張している。

フランスの放送局とのインタビューで、ゴーンは「戦闘的で無実」だが「難しい」とし、「多くのうそがいが話され、うそがいが次々と現れてきた」と述べた。

インタビューの数時間後、ゴーンは再逮捕された。

フランス、ブラジル、レバノンの市民権を持つ実業家は、インタビューの際にフランス政府に「私を守る」よう要請し、日本当局に無罪の推定を尊重するよう圧力をかけた。 「私は、信じられない一連の出来事に巻き込まれた市民です」と同氏は述べた。

65歳の男性は、自分の名前をはっきりさせることができる証拠を裁判で提示するかどうかを尋ねられ、「すべてをテーブルに載せる必要がある」と述べた。 もちろん、私には名前があります。「報道機関で見たことがあるものもありますが、報道機関にはいないものもあります」と同氏は付け加えた。

「これらの人々が私だけでなく、同盟にとっても危険なゲームをしている理由を示す必要がある」と述べた。

ゴーンは、ルノーと日産、そして後には三菱自動車が関わる提携の建築家として長い間称賛されていたが、11月に東京で衝撃的に逮捕された。 「私は、この同盟を成功させることを強く推し進めましたが、違法なことをすることは決してありませんでした」と同氏は述べた。

彼は3月6日に保釈金を得るために約10億¥を支払った。

彼はすでに3つの別々の訴訟に直面している。 最初の2つは、約90億¥の収入を繰り延べ、これを公式文書で株主に隠蔽したという申し立てに関するものである。

日産自動車カテゴリの最新記事