日産・ルノー・三菱提携は、Volkswagenとトヨタの上半期の販売台数を下回る

日産・ルノー・三菱提携は、Volkswagenとトヨタの上半期の販売台数を下回る

日産自動車(株)、ルノー(株)、三菱自動車(株)との提携 2019年上期の世界の自動車販売台数は、フォルクスワーゲン(NYSE:VW)やトヨタ自動車(NYSE:TM)に次いで世界第1位を失った。

2017年上期、2018年上期の世界販売台数は3方アライアンスが最も多かったものの、今年はライバル2社を下回り、1-6月期の累計販売台数は521万台となり、前期比5.9%減となりました。 日産が1万2500人の人員削減を発表したことで、カルロス・ゴーン元会長の拡大戦略は終わりを告げた。

2018年通期で世界最大の自動車メーカーであったドイツのフォルクスワーゲンは、1-6月期に537万台(同2.8%減)を販売した。 アウディ・ポルシェブランドの商品を含みます。 ダイハツ工業(株)を含むトヨタおよびその子会社 トラックメーカーの日野自動車(株)の販売台数は531万台(前期比2.0%増)となり、3年連続で過去最高を更新しました。

日産単体の販売台数は263万台(7.9%減)、フランスのルノーの販売台数は194万台(6.7%減)となりました。 三菱自動車の売上高は64万7,422百万円(前期比5.0%増)となりました。

日産の西川博人CEOは先週の記者会見で、今後3年間の人員削減は「これまでの投資の大幅な見直し」だと語った。

NISSANカテゴリの最新記事