ゴーンに次いで、日産はもはやパートナーのルノーと会長を共有する意思がなくなった、と情報筋は言う

ゴーンに次いで、日産はもはやパートナーのルノーと会長を共有する意思がなくなった、と情報筋は言う

日産自動車 事情に詳しい筋によると、提携相手のルノーとの提携は、カルロス・ゴーン氏が拘束された場合と同様、両社の会長職に就くことを支持する意向はないという。 日本企業は、ルノーのジーン・ドミニック・セナード会長を自社の会長に任命することにも抵抗するとした。同会長は、氏名を任命しないよう求めた。 同筋によると、日産の取締役会は、最終決定を下す前にガバナンス委員会の報告を待つ予定だという。

それは、日仏パートナーシップが直面している課題の最も強力な兆候である。両国は、ゴーンのない新たな道を開こうとしている。ゴーンは、ゴーンの身長と人格を通して20年間にわたって共通のビジョンを強制した。 日産は、偏った権力構造の見直しを求めているといわれています。 Ghosnは、日本企業の最善の利益にならない権限と意思決定を行使しすぎていると、同社のCEOである西川博人は批判している。

「ガバナンス改善特別委員会が提言を提出し、セナード氏が正式に日産の取締役会に参加した後、この問題について話し合う予定です」と日産は声明の中で述べたが、それ以上のコメントは控えた。 ルノーはコメントを求めたが、これには応じなかった。 同筋によると、セナード氏と西川氏との最初の接触は良好であったが、日産は利害の衝突を懸念しているため、同氏が最高の役割を果たすことに反対しているという。 ルノーは日産の議決権の43%を保有しているが、日産はフランスのパートナー企業の株式の15%とは互恵的な権利を持っていない。

日本の立場はパリでは失望するだろう。 ルノーは、Senardが日産の会長になりたいと公式に言ったことはないが、日本のメディアは、フランスのEmmunel Macron社長が日本のカウンターパートに提案したと報じた。 事情に詳しい関係者によると、マクロンはこの要請をしなかった。

ゴーン会長は両社の会長を務め、11月19日、財務上の不正行為の疑いで逮捕される前に、提携パートナーである三菱自動車(NYSE:MT)と協力していた。 その後すぐに日産が彼を解雇したが、64歳の日産は先月辞任するまでルノーでその役割を担っていた。 その結果、ミシュランのCEOを辞任したセナード氏は、同盟の弱点を修正するという使命をもって、CEOに就任することができた。

フランス政府はルノーの株式15%を保有しており、最も強力な株主であり、日産に影響を与える意思決定に影響力を与えています。 事情に詳しい筋によると、政府の立場は、次期会長に就任するのは取締役会の責任だという。 ルノーは、日産との二国間協定に基づき、日産の会長、最高執行責任者またはCEOを任命することができます。 Senardは会長職の明らかな候補者になるだろう。

日産は4月8日の株主投票後、セナード氏を取締役に任命する方針を明らかにした。 ゴーンと長年の助手であったグレッグ・ケリーは同時に解任される。 ゴーン氏は、不正行為を否定したが、日産の利益を過小評価し、個人取引損失を同社に振り向けた疑惑については、依然として拘束されている。

事情に詳しい筋によると、日産とルノーは、日仏提携を監督するアムステルダムに本社を置くゴーン社の財務上の不正行為について、共同調査を開始した。 また、11月に逮捕される前に率いていたルノー・日産によるゴーンの報酬などの支出について、会計事務所に調査を依頼する予定だという。

NISSANカテゴリの最新記事