日産のCEOである西川博人が辞任、新たな最高経営責任者が黒字化への挑戦

日産のCEOである西川博人が辞任、新たな最高経営責任者が黒字化への挑戦

日産自動車 同CEOは、報酬の過払いを認めた後、12月に辞任した。 来月に選ばれる予定の後任CEOは、ルノーとの提携関係を修復し、収益性を回復するための大きな圧力にさらされることになる。 同社の最高執行責任者(CEO)である63歳の日産取締役である山内康博氏は、西川氏(65歳)をCEOに交代し、社外取締役を中心とした指名委員会では、10月末までに後任者の選定を進めています。

昨年11月にゴーン元会長が財務上の不祥事を理由に逮捕されて以来、同社は苦戦しており、急速に進化し、激しい競争にさらされている自動車業界で生き残るために、ルノーとの関係を強化する任務を担うことになる。 ルノーとの関係は、フランスの自動車メーカーの最高経営責任者でもあり、日仏同盟の重要な基軸であったゴーン氏が逮捕されて以来、緊張している。

ルノーは、世界最大級の自動車グループへの影響力を高めるため、日産との合併を模索していたが、西川氏はこれを拒否した。

また、日産はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(NYSE:FC)との合併を支持する方針を打ち出したが、日本の自動車メーカーの慎重な姿勢や、ルノーの筆頭株主であるフランス政府からの反対を受け、計画は撤回された。 日産は、主力の米国市場の低迷を背景に、4-6月期は過去最高の営業利益を更新し、業績低迷の克服に苦戦しています。

日系2位の自動車メーカーは、今後3年間で12,500人の人員削減を発表した。 ゴーンの拡大主義的な事業戦略からはずれた。 同社の現在の経営陣は、数値目標に過度に重点を置いていると述べている。 2017年4月にCEOに就任した西川氏は9月に語った。 9人は、彼が辞任することを取締役会から提案することに同意した。 彼は6月の株主総会で日産のCEOに再選されたばかりだった。

取締役会は、2013年の株式関連報酬制度により、西川氏がおよそ4,700万¥(434,000ドル)の過払いを受けたとの内部調査は、「直ちに辞任する」ことを正当化する「重大な」ガバナンス上の問題であるとし、西川氏の近い側近である山内氏は、9月の取締役会で早期辞任を推し進めた取締役の一人であったと述べた。 9.

過払い問題が表面化する以前から、一部の株主や日産幹部は、ゴーン社の副社長であった西川氏に、元上司の財務上の不正行為を見逃し、日産の業績が悪いことを理由に辞任するよう求めていた。 社外取締役・経済省高官の豊田正和氏を委員長とし、ルノーのジャン・ドミニク・セナード会長を含む6人の委員からなる指名委員会は、常任CEO候補者を約100人から約10人に絞り込んだ。

豊田氏は「日産のルノーや三菱自動車との提携に深い理解と関心を持つべきだ」と述べた。

日産のトップ・ポストの交代により、日産とルノーの資本提携構造の見直し交渉がさらに進む見通しがますます不透明になっています。

このような交渉は、20年前の取り決めを不平等と見なした西川氏の下で開始された。 ルノーはフランス政府の支援を受け、日産の株式43.4%を保有している。日産はフランスの自動車メーカーの株式15%を無議決権で保有している。 1981年に日産に入社した国際キリスト教大学院卒の山内氏は、西川のような部品調達でキャリアを築いた。 同氏は5月にCOOに就任し、ルノーの取締役にも就任した。

日産自動車カテゴリの最新記事