ゴーン

4/4ページ

カルロス・ゴーン氏と日産のCEOである西川氏は、提携先に4社目のパートナーを加えることを検討した

昨年9月、東京で逮捕された2カ月前の日産自動車(当時) 電子メールによると、カルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)はルノーと三菱自動車(NYSE:MMM)との提携で新たなパートナーを獲得することを検討した。 2019年4月1日 当時、ゴーンは三者間の自動車提携を「取り返しのつかないもの」にするよう圧力を受けていましたが、GhonbergがGhosnに伝えたところ、日産のCEOである西川博人 […]

ゴーン氏の弁護士は、事件が日本の評判に与える影響を懸念しており、元日産のチーフは無罪だと考えている

旧日産自動車(株)を相手取った訴訟 カルロス・ゴーン会長は、弁護団を率いるベテラン弁護士が、依頼人が無実であると確信していることから、業務を行う場所としての日本の評判を損なう可能性があると指摘した。 広中純一郎氏は、水曜日の記者会見で、この事件の動向を注視している世界と同様に、「日本が個人に権限を与えていることが、事業の遂行上、予断を許さず、行き過ぎていることを示しているのではないかと懸念している […]

日産とルノーはフランスの監査法人を雇い、ゴーン氏の時計に関するアライアンスの不正行為を調査する

パリ/東京-日産自動車 米自動車大手ルノー(NYSE:LU)は、フランスの監査法人マザーズを雇い、自動車業界での提携関係で起こり得る不正行為を調査しているとした。 関係筋によると、両社は、カーロス・ゴーンが金融犯罪の容疑で逮捕されたことを受け、共同調査を進めている。 同筋によると、マザーズは、アムステルダムに本拠を置く自動車メーカーが提携を調整する部門であるルノー・日産BVを調査する。 同社の資産 […]

逮捕後も日産のチーフが拘禁され続けていたことをめぐる日本の捜査

日本に対する疑問や懸念は、解散した日産自動車の取り扱いをめぐって国際的に高まっている。 カルロス・ゴーン委員長は先週、財務上の不正行為を理由に逮捕され、勾留期間が延長された。 自動車メーカーの救済者と見なされていた64歳の幹部が逮捕された。 検察官は11月19日夜、東京の羽田空港にビジネスジェット機で到着するのを待っていた。 法務省によると、ゴーン氏は、首都北東部の東京拘置所にある7平方メートルの […]

カルロス・ゴーン会長の立場を決議する取締役会

米日産自動車(NYSE:NM)の独立取締役は、カルロス・ゴーン氏の後任に就くべき人物について話し合った。 現在東京拘置所で停滞している大手自動車メーカーに取って代わる選択肢は、ルノーとの提携の方向性を示している。 DEC 4, 2018 事情に詳しい筋によると、後継者になる可能性が最も高いのは、ゴーン社の財務報告調査の原動力として浮上した西川社長兼最高経営責任者(CEO)と、ゴーン・コンフィダント […]

ゴーン時代を迎えようとしている日産

ニューヨーク – 日産自動車(株)の西川広人CEOの辞任。 日本の乗用車メーカーがデッキをきれいにし、乗り換えるのに非常に必要な機会を与えてくれます。 SEP10, 2019 同社のカルロス・ゴーン会長が1年近く前に衝撃的に逮捕されて以来、日本の自動車大手は恒久的な危機的状況にあり、フランスの提携パートナーであるルノーとの関係は弱まっている。 その時代を切り拓くために、日産はゴーン時代 […]

1 4